自己紹介

家族は妻と 11 歳長女、9 歳長男の 4 人家族です。

 

1976 年に世田谷区三軒茶屋に生まれました。 出版社マガジンハウスで編集の仕事をする父と、スタイリストとして働く母の、 共働き家庭に生まれる。父は団塊世代で、なんでも判官贔屓。母は「好きな仕 事に就きなさい。人生一度きり」が口癖で、「勉強しろ」と言わない珍しい親で した。親族に政治家はなし。

自宅マンションにて

小学 6 年生のときの運動会にて

区立中学時代

世田谷区立中学校に進学すると、そこは荒れ果てた世界。教師は生徒の暴力に怯えて、学校崩壊。でも、校長も教育委員会も見て見ぬふり。勉強したい生徒は塾へ行き、塾に行けない生徒は、もっと荒れていく。「大人たちは何やってんだ」と、社会への不満が芽生えた頃かもしれません。

成蹊高校時代

私立成蹊学園高等部に入学。学園には乗馬クラブまであり、生徒たちは、学園 ライフを満喫。中学を思い出し、同じ時代の、同じ世界で起きていることとは 思えず、凄まじい教育格差を目の当たりにしました。 非自民の細川政権が誕生し、政治への関心も芽生え、「新聞記者になって、いつ か政治家になる」が夢になっていました。

大学時代。友人達とのひととき。

大学時代に歴代最年少・公設第一秘書に

早稲田大学 1 年目は毎日新聞社政治部で編集のアルバイトをしながら、記者を 目指しました。大学 2 年目に、民主党の中国訪問団に参加した縁で、目黒区を 地盤とする手塚仁雄氏(現在、立憲民主党・衆議院議員)のアルバイト秘書となり、 大学 4 年時には、最年少公設第一秘書に就任。その後、平成 14 年に早稲田大 学第一文学部を卒業しました。

目黒区議会議員へ

2003 年の目黒区議会議員選挙に民主党から出馬し、4 位で最年少当選。26 歳 の時でした。念願の文教委員会に入り、起業家教育プログラムを目黒区立中学 校に導入し、教育改革の第一歩を踏み出す。翌年、現職の区長が亡くなり、当時、 都議会議員だった青木英二氏が区長に当選したことで、民主党の都議が不在に。

目黒区政で初めてパネルを使った質問

東京都議会議員へ(1期目)

2005 年の東京都議会議員選挙(目黒区定数 3 名)に出馬。1 位、最年少当選 を果たす。当時 28 歳でした。文教委員会に入り、「塾に通える子供と、通えな い子供の学力格差」について質問。一方で、都議会自民党の数と力に圧倒され る毎日でした。

マニフェスト大賞の創設

政策がもっと評価される地方政治を実現したいとの思いから、政治のアカデミー 賞をつくろうと奔走。北川正恭氏(元三重県知事)に提案し、マニフェスト大 賞の創設者となりました。マニフェスト大賞は現在15年目となり、超党派の 議員から2000件を超える政策を集めています。

マニフェスト大賞・六本木ヒルズの会場にて

東京議会議員の2期目

2009 年の東京都議会議員選挙で 2 期目の 1 位当選。都議会第一会派になった 民主党で、築地・豊洲問題を担当し、経済港湾委員長に就任するなど、都議会 自民党との闘いの最前線に立つようになりました。 また、21 年ぶりの議員提案条例「省エネ条例」を創案、成立させました。

早朝 5 時の築地市場を視察

落選と起業

2013 年の東京議会議員選挙で 1214 票差の次点落選(4 位)。一度、政治から 離れて、起業を決意。やっぱり教育。外国人留学生を対象にした日本語学校「グ ランビジョン国際学院」を設立。現在も代表を務める。会社経営の苦しさ、厳しさも、痛いほど学びました。

日本語学校の入学式にて

民進党から都民ファーストの会へ

小池百合子知事の誕生。都議会自民党と闘う姿勢に共感し、民進党を離党。「政 策実現できる地域政党の立ち上げ」を夢見て、都民ファーストの会の創設メン バーとして参画。都ファ代表補佐に就任し、都議選の公約などを担当しました。

東京都議会議員に復帰

2017 年東京都議会議員選挙で 3 度目の 1 位当選で返り咲き。再び、都議会自 民党との闘いの主戦場、経済港湾委員長に就任。また、6 年ぶりの議員提案条 例「子供を受動喫煙から守る条例」を成立させたほか、「五輪文書管理条例」を 成立に導き、通算 3 本の議員提案条例をつくりあげました。

五輪文書管理条例について記者会見

新型コロナとの闘い

会派の新型コロナ対策 PT 座長に就任し、小池知事に「東京都協力金」創設の 決断を迫ったほか、都民ファーストの会版「ロードマップ」を策定し、景気対策、 失業対策などを提言しました。 また、都議会新型コロナ対策特別委員長に就任し、緊急予算の審議を取り仕切 りました。

塾のない社会へ

大学に行かなくてもいいという選択肢を作れば、塾に通う必要はなくなると考 え、都立工業高校改革に着手。都に改革検討会議が立ち上がりました。また、 公立学校内に塾を誘致し、校内で受験勉強ができる「スタディ・アシスト」制度、 低所得世帯向けの塾代支援「スタディ・クーポン」も創設しました。 親の所得格差が、子供の教育格差にならない東京を実現することが私のライフ ワークです。

塾代として使えるスタディ・クーポン

テレビ・新聞

MX テレビ「田村淳の訊きたい放題」にレギュラー出演

TBS「グットラック」に出演

テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」に出演

テレビ朝日「報道ステーション」に出演

TBS 系「ゴゴスマ」に出演

TBS「報道特集」に出演

AbemaTV「みのもんたのよるバズ!」に出演

AbemaTV「Abema Prime」に出演

AbemaTV「カンニング竹山の土曜 The NIGHT」

夕刊フジ「側近が語る小池知事2期目・伊藤悠」連載を執筆

アゴラ言論プラットフォームに執筆陣として、定期的に寄稿中

現在の役職

( 議会 )

オリンピック・パラリンピック特別委員会 副委員長

議会改革検討委員会 委員長

議会運営委員会 理事

経済港湾委員会 理事

( 会派 )

政策調査会長代理

観光政策研究会会長

全建総連研究会会長

ソーシャルファーム条例 PT 座長

政策ブラッシュアップ研究会座長

歴任した役職

新型コロナウイルス感染症対策特別委員会 委員長

経済港湾委員会 委員長

予算特別委員会 副委員長

築地・豊洲市場問題 PT 座長

東京都議会議員 伊藤ゆう事務所

〒153-0051 東京都目黒区上目黒 1-17-6 たつみビル 202

TEL:050-3631-7737 / FAX:03-6303-1844

Copyright ItoYuu. All Rights Reserved

個人情報保護方針

このサイトについて

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

MENU